発電機を購入しました! その2

発電機が容量不足、これでは溶接や切断が出来ない。

急遽、発電溶接機メーカーのデンヨー株式会社の関越営業所に、注文しようと問合せしました。

電話対応の担当者の方が、親切な方で、

使用状況や、すでに新規購入した発電機が使用に適さない事を 話した結果。

MIG溶接機や、プラズマ切断機は 機器に表示されている電力の3倍以上の

発電機能がなくては使えないと言われました。

新品を購入したいと言うと、対応機種は非常に高価、

リース上がりの中古発電機で良いのではと言います。

中古を斡旋してくれと伝えると、メーカは 新品の販売だけ、対応出来ないと解答。

中古発電機でも大型機は 使用回転数が低い設定なので、1万時間以の耐久性が

有るとの指導を受け、稼働時間の少ない発電機を探しました。

市場には 稼働時間の少ない発電機は 少なく、横浜の中古発電機専門店で見つけました。

稼働時間は 約1550時間、引き渡し前に整備もしていただく契約で購入決定になりました。

数日後、横浜の営業所まで、引き取りに行きました。

自分の無知とはいえ、勉強になりました。

今後の課題は 結局2台稼働するので、軽油の消費も多いので、

稼働中にバッテリーに充電して、100vを使うとか、

BDF(バイオディーゼル燃料)の装置を作り、稼働したいと思います。

BDF減圧蒸留製造機が、自作できるかな、出来たとしても、食用廃油収集が、出来るかな?

でも時代は 脱炭素だから、誰か協力してくれる人、いれば良いな!     

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です