バイオコークス

バイオコークスを購入しました。

プロパンガスのガス炉や、アセチレンガスの加熱と共に、石炭コークスで鉄を加熱していました。

しかし、バイオコークスなる物を知ってしまった今は、

再生可能な、植物由来の燃料、これはを用するしかないでしょう、

しかし、鉄を加熱し、十分な熱量が有るのか、実用出来るのか、不安も有ります。

原材料は 木材のチップ? キノコの栽培菌床の廃棄物らしい。

ここで、チャレンジャー魂に火が付きました。

時代は 再生可能なエネルギーを採用する時代、

現在、電力会社と契約せず、ヂーゼル発電機、2基でにて稼働している、鉄の造形工房

将来は バイオジーゼル燃料に切り替えると共に、ソーラー発電で、

100%オフグリッドを目指す 鉄の造形作家の私は 挑戦するしか有りません。

現在のコークス加熱炉を高機能にするために、改造を決意しました。

コークスは 熱量が有るので、送風機等、問題は無かったのですが、

バイオコークスの熱量が不足すると困るので、

これを期に送風機と送風のマニホールドの改造と、

送風機を溶接時の余った電気でバッテリーを充電して、

送風機を稼働することにしました。

改造は 次回のブログに掲載します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。