バンパーの溶接 板金 塗装

補修完了

トラックが塩化カルシウムを散布してある冬の道路を長年走り、

錆びて穴が開いてしまったので、冬が来る前に補修することにしました。

走行後に洗い流さないと錆びて穴が空きます。

以前、板金屋で修理した時は グラスファイバーで修理してあったのですが、錆が浮き上がってしまうので、自分で修理することにして、鉄板を溶接することにしました。

鉄板を大体の形に切り抜き

鉄板を大体の形に切り抜き、ガス溶接機で加熱板金とMIG溶接を繰り返し、大体の形にしました。

パテで造形

在庫のアサヒペンのファイバーパテが有ったのですが、硬化剤が劣化して使えなかったので、ホームセンターで急遽購入した、厚塗りパティで造形し、サンドペーパで修正しました。

パテを修正

さび止めのプラサフを塗装後、ウェブの通販会社から購入の缶スプレーで3回塗装して、完成です。

完了

少々仕上がりは 雑ですが、狭い現場で作業中、庭石等に擦りつけるで良しとします。

反対側も同時進行です。

以前の板金のパテをガス炙り剥がしました。

鉄板を溶接、板金したところです。

左溶接

厚塗りパティで修正

左パテ

サンドペーパーで再修正

左完成

塗装後完成です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

小江戸 川越

次の記事

クレーンの修理