ラオスの旅 プーシーの丘

托鉢の後、キリダラホテルで朝食を摂り、ルアンパバーンの通りや、

メコン川湖畔の散策中、メコン川クルーズが有るのを知り、後で参加することにしました。

散策していると程なく、目的地のプーシーの丘の入口に到着、

『丘じゃ無いね!  これは山じゃねえか!』

入口で、小鳥を売っているので、話を聞くと、何やら、功徳と供養になるという

娘が、小鳥を 2羽購入しました。

娘は 以前かわいがっていた、インコ2羽の供養だと言っていました。

しかし、階段がすごい、上っても、上っても、頂上に着かない!

私は 何度も休みながら、上りました。

あまりにも大変な、階段だったので、写真が撮影できませんでした。

頂上はあまり広くなく、建物が数棟(お寺?)あり、人があふれていました。

娘が、小鳥を放して、インコの供養をしました。

この小鳥は 再度捕獲され、又、販売されるのだろうか?

プーシーの丘の眺望は 誠に絶景でした。

降りるだけでも、老体の私には 疲れました。

長い階段を下ると、

夜の市場など開催してる通りに、ルアンパバーン国立博物館の入口が有ります。

豪華絢爛の建物です。

中には たくさんの建物があり、一部に、日本の建材を使用しているアナウンスがありました。

其れが、何だったか忘れました。

でも、数々の美しい装飾、素朴ですが、豊かさを感じます。

あちこち、散策したり、お茶したり、日暮れには 夜の市場を見学して、レストランで食事して、

一日が終わりました。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。