古民家改修 完成

約半年の古民家改修が、完成しました。

限られた予算の中で、完了したので、嬉しいですね!

施主のお父さん(93歳)が、

何年か前に、解体しようと思ったことも有ったが、

こんなに良くなった、解体しないで良かった。

と喜んでくれたのが、一番うれしかったです。

各、進捗状況は 何編かの記事を掲載しています。

こちらの記事は 着工前と完成の写真を対比していきます。

既存の床は 杉板でした。

±2cmの以上の誤差、根太から狂っていました。

杉板を撤去して、根太からやり直すと、材料代や、人件費がとてもかかります。

杉板の上に、ベニヤを貼りその上に、フローリングを貼りました。

土壁の補修は 難しかった。

石膏ボード上に 漆喰の施工が良いですね!

ベランダと階段も完成、土間コンも打設しました。

基礎のブロックの表面が、痛んでいたので、モルタル造形しました。

3日間で、仕上げましたが、後日エージング塗装する予定です。

エージング塗装をしたら、再度、記事を掲載します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

筑波山神社参拝