古民家改修 梁を磨く

古い建物は 梁が魅力です。

しかし、皮付きの梁で、おそらく唐松? 

垂木も表面がざらざら、野地板もなぜか、錆びた古釘が、至る所に出ている。

天井は 付けないので、このままでは 美しく仕上がりません。

梁や垂木、柱は ワイヤーブラシのサンダーで、研磨しました。

でも、研磨作業は 最悪の事態を招きました。

防塵用具で完全防備したのに、首や袖口の隙間から、ガラス繊維のような極小のトゲが、

無数に入り込み、刺さり、チクチク、チクチク 此には 参りました。

唐松の磨きは 次回したくないですね!

でも、研磨の仕上がりはとても良いです。

木肌が堅いのか、光沢が出ます。

又、垂木や柱には オイルステインを塗るつもりでったのですが、

在庫の水性クレオトップが有ったので、クレオトップを塗りました。

仕上がりは 予想以上にステキになりました。

又、野地板に出ていた錆びた古釘は 釘きりで全部処理したら、非常にすっきりしました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。